新型コロナウイルス感染症への対応について

楽天、千葉・市川の伊藤忠開発物流施設にオンライン書店のセンター開設

楽天、千葉・市川の伊藤忠開発物流施設にオンライン書店のセンター開設

既存2施設の機能移管、1時間当たり出荷能力を1・3倍に増強へ

楽天は10月28日、千葉県市川市で伊藤忠商事が開発した物流施設「アイミッションズパーク市川塩浜」に、オンライン書店「楽天ブックス」の新たな物流センターを開設したと発表した。

自動化システムを導入し、既存の機械化施設と比較して人員による作業工程を30%削減できるとみている。併せて、同市内で展開している楽天ブックスの既存2拠点の機能を2021年夏までに新センターへ段階的に移管し、在庫保管量を従来の約1・5倍、1時間当たりの出荷件数は約1・3倍へ増強する計画。翌日配送サービス「あす楽」の対象商品も拡大する。

「アイミッションズパーク市川塩浜」は地上4階建て、延べ床面積が約1万7880坪(約5万9100平方メートル)で、首都高速道路湾岸線の千鳥町ICから200メートルと至近。楽天は4割弱の約6800坪(約2万2000平方メートル)を賃借している。


「アイミッションズパーク市川塩浜」の外観(楽天プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事