新型コロナウイルス感染症への対応について

貿易業務効率化支援のSTANDAGE、中小企業サポート強化へHISと業務提携

貿易業務効率化支援のSTANDAGE、中小企業サポート強化へHISと業務提携

出張代行も併せて直接依頼可能に、新サービス開発も推進

貿易業務効率化を総合的に支援するプラットフォームサービスを運営しているスタートアップ企業のSTANDAGE(スタンデージ、東京都港区芝)は8月27日、旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)と日本の中小企業の海外業務支援強化に向け、業務提携を締結したと発表した。

STANDAGEは貿易の多様な業務をインターネット上で処理、効率化するサービス「DIGITRAD(デジトラッド)」を展開。HISは海外出張先で行う予定だった業務を、HIS海外拠点スタッフが現地で代行・サポートする海外リモート出張代行サービス「レンタルHIS」を手掛けている。

提携の第1弾として両サービスのシステムを連携させ、DIGITRADからレンタルHISへ直接業務代行依頼ができるようにする。両社は「DIGITRADで商品の掲載を行い、HIS海外拠点スタッフが積極的に現地企業への営業代行や商談のアレンジ、翻訳サポートを行う。さらに商談成立後も、決済、配送に至るまでの業務を一気通貫でサポートする」と強調している。

両社は今後も中小企業の貿易業務拡大を後押しするためのサービス開発に取り組む。新型コロナウイルスの感染拡大で海外出張が難しくなっていることもあり、サポートへの需要は引き続き見込まれると期待している。

(藤原秀行)※写真はSTANDAGE提供

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事