新型コロナウイルス感染症への対応について

セルートの「DIAq」、カインズの建築プロ向け卸売りサービスとAPI連携し当日配送開始

セルートの「DIAq」、カインズの建築プロ向け卸売りサービスとAPI連携し当日配送開始

登録のアンカーが業務請負

セルートは8月31日、配送したい荷物と運び手を結び付けるマッチングアプリ「DIAq(ダイヤク)」で、ホームセンター大手カインズが新たに展開を始めた建築業務に携わるプロ専用の卸売りサービス「C’z PRO」のアプリとAPI連携し、同サービスを通じて購入したカインズ商品の当日配送を同29日にスタートしたと発表した。

「C’z PRO」は多様な建築資材などを扱っており、店舗の全商品を会員向けアプリで検索、購入することが可能。商品の受け取りは店頭や店外設置のロッカー、有料での現場配送のいずれかから選択できる。建築現場で使う資材を前日に自宅などからスマートフォンで注文、翌日受け取るとの流れだ。

セルートと連携することで、ダイアクに登録している7000人以上のアンカー(配達員)の中から、すぐに配送を担える人が迅速に配送業務に就けるようになると見込む。


当日配送の流れ※クリックで拡大


配送のイメージ(いずれもセルート提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事