画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

ヤマト、フリマやネットオークションの商品発送をマルイなどの対象店舗で受け付け開始

ヤマト、フリマやネットオークションの商品発送をマルイなどの対象店舗で受け付け開始

EC市場成長に対応しサービス対象拡充、23年中に2000店まで拡大目指す

ヤマト運輸は11月17日、フリーマーケットやインターネットオークションで取引が成立した商品を、スーパーマーケットや商業施設といったユーザーの生活動線上にある店舗から発送できるサービスを同日、開始したと発表した。

「メルカリ」「ヤフオク!」「PayPayフリマ」の商品が発送可能。

新型コロナウイルスの感染拡大でEC市場が成長し、フリマやネットオークションの利用も伸びていることに対応する。ヤマトは荷物の受け取りと発送で多様な選択肢を提供、ECや宅配の利用をさらに促進したい考え。

ヤマトは2020年11月、EC購入商品受け取り・返品システムを手掛ける英国のDoddle Parcel Services(ドゥードル・パーセル・サービシズ)と連携し、同社が開発したシステム「Click & Collectシステム」を導入することで、EC事業者がヤマトを活用して対象店舗に荷物を配送、購入者が買い物のついでに店頭で引き渡してもらえるサービスをスタートした。

今回は新たにDoddleのシステムをマルイやモディ、デリシア、ツルハドラッグが導入、各対象店舗でサービスを利用できるよう拡大した。「マルイ」「モディ」「デリシア」の対象店舗は同日から取り扱いを始めており、「ツルハドラッグ」は2023年1月以降の開始となる。

ヤマトは2023年中に発送可能店舗を約2000店まで拡大するとともに、個人間取引の利便性をさらに向上させるサービスを拡充していく予定。

利用の流れ

発送取り扱い店舗

取り扱い開始日 施設 店舗数
2022年11月17日(木) マルイ、モディ(商業施設) 20店
デリシア(スーパーマーケット) 50店
2023年1月下旬以降 ツルハドラッグ(ドラッグストア) 一部店舗から順次開始

(藤原秀行)※いずれもヤマト運輸提供

その他カテゴリの最新記事