新型コロナウイルス感染症への対応について

小田急百貨店、CBcloudの買い物代行活用した自宅などへの商品配送を開始

小田急百貨店、CBcloudの買い物代行活用した自宅などへの商品配送を開始

神奈川・厚木の商業施設内サテライト店舗、10キロメートル圏内対象

小田急百貨店はこのほど、CBcloudが展開している配送ドライバーの買い物代行サービス「PickGo買い物代行」を活用し、購入者の自宅への商品配送サービスを9月1日に開始すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で宅配の需要が増しているのに対応する。

小田急百貨店が神奈川県厚木市の商業施設「本厚木ミロード②」で運営するサテライト店舗「小田急百貨店あつぎ」が対象。買い物代行サービスの専用アプリから同店舗の商品を選択すると、自宅か指定場所へドライバーが届ける。

対象商品は菓子やのり、お茶、佃煮、リビング雑貨などで、今後拡大することも検討する見通し。代行料金は1回当たり税込み550円からと設定しており、店舗から10キロメートル圏内が該当エリア。


「小田急百貨店あつぎ」のイメージ(同社プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事