新型コロナウイルス感染症への対応について

NEXCO中日本が東名道・足柄SAと北陸道・南条SAの駐車マス増設へ、ダブル連結トラック優先分も

NEXCO中日本が東名道・足柄SAと北陸道・南条SAの駐車マス増設へ、ダブル連結トラック優先分も

大型車の台数拡大図る

中日本高速道路(NEXCO中日本)は9月3日、東名高速道路の足柄SA(上下線、静岡)で、駐車マスの増設工事に着手すると発表した。完成は2021年度中を見込む。

小型車と中型車が兼用できるマスを整備して混雑緩和を図るとともに、大型車の駐車可能台数を拡充することなどが柱。大型車の駐車可能台数は上りで81台、下りで79台増やす計画だ。

併せて、ダブル連結トラックの優先駐車マスも上りで5台分、下りで2台分をそれぞれ整備、ドライバーが休養できるよう配慮する。

併せて、北陸自動車道の南条SA(上り、福井)でも駐車マスの増設工事を始めると発表した。小型車と大型車のいずれも使える兼用マスを設置して大型車の駐車可能台数を2・5倍にする予定。併せて、ダブル連結トラックが停められるトレーラーマスを3台分設置することなども実施。12月下旬に工事が完了する見込み。

(藤原秀行)※写真はイメージ

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事