新型コロナウイルス感染症への対応について

NTTとKDDI、災害時にケーブル敷設船相互活用し物資搬送など協力へ

NTTとKDDI、災害時にケーブル敷設船相互活用し物資搬送など協力へ

社会貢献連携協定を締結、早期の復旧支援図る

NTTとKDDIは9月11日、社会的課題の解決に取り組む社会貢献連携協定を締結したと発表した。

大規模な災害が発生した際、両社が所有するケーブル敷設船を相互に活用し、被災地へ可搬型基地局、発電機、燃料、携帯電話、水、食料といった災害対応物資を搬送。迅速な被災者救済や物資運搬を実現することを想定している。

協定を踏まえ、直下型大地震などが起きて陸路での物資運搬が難しくなった場合でも、両社いずれかのケーブル敷設船が運航可能であれば被災地復旧の支援を早められると見込む。

両社はこのほか、災害対応の訓練や平時の啓発活動で協力し合うことも検討している。社会貢献の取り組みを「つなぐ×かえる」プロジェクトと称して推進する構えだ。

両社は「就労支援、スマートフォンの健全利用、気候変動への対応など、さまざまな社会課題の解決に対し、両社のアセットを合わせることで、競争の枠を超えて協力し貢献できる分野を継続検討していく」と説明している。


「つなぐ×かえる」プロジェクトのロゴマーク(以下、いずれも両社プレスリリースより引用・クリックで拡大)


両社グループが保有するケーブル敷設船

(藤原秀行)

災害/不祥事カテゴリの最新記事