新型コロナウイルス感染症への対応について

南日本運輸倉庫とアプライズ、ベトナム・ハノイに職業訓練担う合弁会社設立へ

南日本運輸倉庫とアプライズ、ベトナム・ハノイに職業訓練担う合弁会社設立へ

物流業界の人手不足対策貢献目指す

南日本運輸倉庫は9月15日、ベトナム人留学生へのアルバイト紹介などを担うアプライズ(東京都品川区北品川)と連携し、ベトナム・ハノイに合弁会社を設立すると発表した。

新会社は同国で物流関連の職業訓練を手掛け、日本での就労を希望するベトナムの人たちをサポート。日本の物流業界の人手不足対策にも貢献したい考え。新会社は2020年度中の立ち上げを目指す。

南日本運輸倉庫は「ベトナムで横行する悪質なブローカー(留学や技能実習の仲介業者)の存在によって、技能実習生や留学生が多額の借金を背負わなければ訪日できないという問題がある。金銭的な負担なく自由に働く場所が選択できるよう悪しき慣習の打破を独自施策の下で行う予定」と説明している。


南日本運輸倉庫で働くベトナム人スタッフ(同社提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

雇用/人材カテゴリの最新記事