新型コロナウイルス感染症への対応について

荷物とトラックのマッチング「ハコベル」、登録アカウントが3万突破

荷物とトラックのマッチング「ハコベル」、登録アカウントが3万突破

コロナ禍でネット通販利用拡大や外出自粛の影響

ラクスルは9月23日、荷物とトラックのマッチングサービス「ハコベル」の登録アカウントが3万件を突破したと発表した。

同サービスは2015年開始。現在は軽貨物の「ハコベルカーゴ」と一般貨物の「ハコベルコネクト」の2種類を展開している。両方の形態を合算して3万を超えた。

法人の登録アカウントの動きを見ると、新型コロナウイルスの感染が拡大した今年3月以降は、それ以前と比べて飲料や医療・介護用品、日用消耗品などの配送料が増加しているという。一方、オフィスや店舗用什器、靴やかばんなどの衣料品は3割近く減少している。

個人の登録アカウントは家具・家電、自転車、梱包資材などが2割増加。いずれもインターネット通販の利用拡大や外出自粛といったコロナ禍の影響が感じられる動向となっている。


アカウントの増加ペース(以下、いずれもラクスル提供)

取り扱いが増えた荷物のランキング

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事