新型コロナウイルス感染症への対応について

メルカリ、オープンロジと連携し「保管・梱包・発送のお任せ」可能に

メルカリ、オープンロジと連携し「保管・梱包・発送のお任せ」可能に

売れた商品を発送できる無人投函ボックスは今夏開始へ

フリーマーケット(フリマ)アプリ大手のメルカリは2月20日、東京都内で初の事業戦略発表会「Mercari Conference 2020」を開催した。

この中で、フリマ利用の際に要する手間を減らし、出品をさらに促すための新たな取り組みを発表。具体的には、メルカリに出品した商品を同社の提携倉庫に送ってもらうことで売れるまでの商品保管と売れた後の梱包・発送を提携事業者が代行する新サービス「あとよろメルカリ便」を2月から試験的にスタートする。

フリマ出品、専用ロッカーに入れれば梱包・発送を代行


あとよろメルカリ便の概要※クリックで拡大

同サービスは中小EC事業者らの物流業務を包括的に支援しているスタートアップ企業のオープンロジと協力。さまざまなシステムと連携して機能を共有する「API連携」を同社と実施する。

併せて、フリマ利用者が商品を簡単に発送できる無人投函ボックス「メルカリポスト」の展開を開始。メルカリで商品が売れた後、アプリに表示されるQRコードをメルカリポストにかざせば自動で発送ラベルが印刷され、貼付した商品を投函すれば発送が完了する仕組み。発送はヤマト運輸が担当する。

今年の春に東京・新宿のマルイ新宿本館に開設予定のメルカリ初の実店舗「メルカリステーション」に設置する予定。今夏以降は全国のNTTドコモショップなどにも配置を進め、2023年までに5000カ所へ増やすことを目指す。

さらに、次世代型ワンストップ端末「メルカリポストプラス」をパナソニックと共同で開発していく計画だ。


メルカリポストの紹介※クリックで拡大


発表会に登壇した山田進太郎代表取締役CEO(右端)らメルカリグループ幹部※クリックで拡大(写真はいずれもメルカリ提供)

(藤原秀行)※ロゴマークはメルカリ提供

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事