新型コロナウイルス感染症への対応について

ブルーイノベーションと京セラ、5G活用しドローン物流の安全着陸支援

ブルーイノベーションと京セラ、5G活用しドローン物流の安全着陸支援

新ソリューション開発、映像をリアルタイムで航空管制室へ伝送

ブルーイノベーションと京セラは9月28日、次世代高速通信規格「5G」を利用し、ドローン(無人飛行機)による物流の安全飛行などをサポートする新たなソリューションを共同で開発したと発表した。

ドローンが離発着する「ドローンポート」周辺を監視しているカメラの映像をリアルタイムで航空管制室へ伝送、鳥などの障害物が存在しないかどうかを確認するとともに、AI(人工知能)でドローンポート周辺の情報を分析、着陸が可能かどうかを自動判断する。

両社は新ソリューションの確立により「ドローン飛行の経路作成から着陸まで自動化することが可能になる」と指摘している。

両社は他にも、ドローンによるプラント点検の際、撮影した動画をリアルタイムでサーバーに送り、安全に保存するとともに、AIなどで解析した設備の状況を現場の作業員へフィードバックするソリューションを発表した。いずれのソリューションも今秋以降、実証実験を展開し、早期の実用化を目指す。

2種類のソリューションは9月29、30の両日、千葉市の幕張メッセで開かれる国際展示会「Japan Drone 2020」に出展する予定。


物流ドローンに関するソリューションの概要(両社プレスリリースより引用)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事