新型コロナウイルス感染症への対応について

日本通運、千葉・成田の物流センターで非常用電源設備を大幅拡充

日本通運、千葉・成田の物流センターで非常用電源設備を大幅拡充

72時間のオペレーション持続可能に

日本通運は10月6日、千葉県成田市の成田空港近郊に構えている自社拠点「Narita Air CargoCity」内にある「成田空港物流センター一般棟」と「成田空港第三物流センター」で、自然災害への対策強化のため、非常用電源設備を大幅に拡充したと発表した。

通常貨物のオペレーションや事務作業に必要な電力を72時間確保できるようにした。停電した場合でも通常通りの業務を続けられるよう配慮している。

併せて、代替施設の確保や通信・ネットワーク環境の整備なども進めている。


非常用電源設備(上が一般棟、下が第三物流センター・日本通運プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事