新型コロナウイルス感染症への対応について

【動画】JRC、段ボールケースのパレット積み付け自動化ロボを11月発売へ

【動画】JRC、段ボールケースのパレット積み付け自動化ロボを11月発売へ

ティーチレスで導入容易、「関西機械要素技術展」に出展

ベルトコンベヤー製品などを手掛けるJRC(大阪市西区)は10月7日、段ボールケースのパレット積み付け作業を自動化する「ロボットパレタイズシステム」を今年11月に発売すると発表した。

10月7~9日に大阪市住之江区のインテックス大阪で開かれている「第23回関西機械要素技術展」に出展している。

ワークのサイズを入力、提示された積み付けパターンの中から選ぶ仕組みで、細かく作業のフローを教える必要がない「ティーチレス」のため、導入が容易なのが特徴。ロボットアームや吸着ハンド、安全装置など一連の設備をパッケージで提供、事故防止のための安全柵が基本的に不要なので使うスペースを効率化できるという。


「ロボットパレタイズシステム」(JRC提供、クリックで拡大)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事