新型コロナウイルス感染症への対応について

関通、大規模物流センターの生産性向上支援サービスを開始

関通、大規模物流センターの生産性向上支援サービスを開始

500坪・20人以上、システムやロボット導入など包括的にサポート

関通は10月8日、大規模物流センターを対象とした生産性向上支援サービス「WGP(Warehouse Goal Project)」を始めたと発表した。

500坪・スタッフ20人以上といった規模のセンターを展開している企業に、物流現場のオペレーション構築や最適なシステム、ロボット、マテハン機器の導入などを包括的に支援する。

WGPは各作業工程の「実態」「改善」「標準化」の把握、「ロス」や「無駄」の事実などを数値で把握・分析するIE(インダストリアル・エンジニアリング)をベースに展開。関通が全国10以上の拠点で蓄積してきた物流業務改善のノウハウをつぎ込む。


サービスのイメージ(関通ウェブサイトより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事