新型コロナウイルス感染症への対応について

安田倉庫、東京・辰巳で旧東京納品代行のセンター改修したメディカル特化物流拠点を12月末開設へ

安田倉庫、東京・辰巳で旧東京納品代行のセンター改修したメディカル特化物流拠点を12月末開設へ

1・7万平方メートル、医療機器関連の全業務担う計画

安田倉庫は10月13日、東京都江東区辰巳で新たな拠点「東雲営業所辰巳倉庫(東京メディカルロジスティクスセンターⅡ)」を今年12月末に開設すると発表した。東京納品代行の旧物流センターを改修している。

メディカル関係の取り扱いに特化する。今年6月に同区内の近隣エリアでオープンした「東雲営業所」と同じく、医療機器に関する全業務を手掛けることが可能なメディカルロジスティクスセンターと銘打って運営していく計画。

新拠点は鉄骨造で地上7階建て、延べ床面積は1万7813平方メートル。
同社は今後、北海道や大阪、神奈川、九州にもメディカルロジスティクスセンターを展開する方向だ。


新拠点の外観イメージ(安田倉庫プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事