新型コロナウイルス感染症への対応について

日本郵便が国際郵便料金の一部を21年4月1日に改定、多くの重量区分で値上げへ

日本郵便が国際郵便料金の一部を21年4月1日に改定、多くの重量区分で値上げへ

配送手数料上昇受け、重量段階の簡素化も実施

日本郵便は10月15日、国際郵便料金の一部を2021年4月1日付で改定すると発表した。

万国郵便条約の改定で小型包装物の配達手数料が大幅に上昇したのを受けた措置。航空便扱いやSAL(エコノミー航空便)扱い、船便扱いの小型包装物などが対象で、多くの重量区分で値上げに踏み切る。

併せて、米国(グアムなど海外領土含む)宛ての料金は新たに「第4地帯料金」を導入するほか、細分化していた小型包装物の重量段階を100グラム刻みへ簡素化する。

(藤原秀行)

料金改定の詳細はコチラから(日本郵便プレスリリース)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経営/業界動向カテゴリの最新記事