新型コロナウイルス感染症への対応について

日本通運、米南東部向けにハイスピード航空混載サービス開始

日本通運、米南東部向けにハイスピード航空混載サービス開始

羽田~アトランタ間、リードタイム1日半短縮

日本通運は10月22日、羽田空港~米アトランタ空港を結ぶ米南東部向けのハイスピード航空混載サービス「NEX-SPEED超速!アトランタ」を同13日に発売したと発表した。

羽田空港へ午前中に搬入した貨物を当日の米アトランタ向け直行便に搭載、アトランタ空港到着後は米国日通アトランタ支店が航空会社のターミナルから迅速に貨物を引き取り、最速のサービスを実現している。

同社はフォワーダーとして唯一、羽田空港内で国内・国際貨物の双方を取り扱う作業拠点を運営しており、国内線で到着した貨物を空港内で仕分けし、国際線へ積み替えられる。アトランタ空港の周辺エリアでもCFS(混載貨物専用施設)を自社で保有しており、アトランタ支店から緊急配達サービス(オプションサービス)と組み合わせることで、アトランタから半径約300キロメートル圏内で同日中の配達が可能。

発着双方の自社オペレーションにより以前より同社比較で約1日半のリードタイム短縮につなげられたという。


新サービスの概要(日本通運プレスリリースより引用)※クリックで拡大

(藤原秀行)※写真はイメージ

その他カテゴリの最新記事