新型コロナウイルス感染症への対応について

【動画】Doog、物流施設内などで経路設定が容易な協働型運搬ロボットの新製品を発売

【動画】Doog、物流施設内などで経路設定が容易な協働型運搬ロボットの新製品を発売

現場で誘導すれば記憶可能、1台198万円から

ロボット開発のスタートアップ企業Doog(茨城県つくば市)は10月26日、流現場など向けに展開している協働型運搬ロボット「THOUZER(サウザー)」の新製品「サウザーベーシック」を発売したと発表した。

記憶させた経路を自動走行する「メモリトレース機能」を新たに搭載。現場で動かしたいルート上をたどり、サウザーベーシックを操作して誘導すれば記録が可能で、ルート変更も容易なのが特徴。同社は特別な技術者や管理者も不要で、パソコンやタブレット端末から地図データを編集するなどの手間も掛からないため、現場への導入のハードルを大きく下げられると見込む。

価格は6カ月保証のタイプが198万円、5年間保証のタイプが242万円(いずれも税別、直販価格)。


「サウザーベーシック」(Doog提供)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事