新型コロナウイルス感染症への対応について

ESRが千葉・市川で開発の物流施設、「都市緑化機構会長賞」受賞

ESRが千葉・市川で開発の物流施設、「都市緑化機構会長賞」受賞

大規模な壁面緑化を評価、100年前の海岸線を抽象的に表現

ESRは10月27日、千葉県市川市で開発した物流施設「ESR市川ディストリビューションセンター(DC)」が、都市緑化機構主催の「第19回屋上・壁面緑化技術コンクール」の壁面・特殊緑化部門で「都市緑化機構会長賞」を受賞したと発表した。

市川DCのデザインを担った渡辺美緒デザイン事務所(東京都港区南麻布)と共同で授賞した。

市川DCは2019年1月に竣工し、延べ床面積は22万5007平方メートル。壁面には日差しに強く、耐潮性を備え、風害にも強く、デザイン的に表情を付けやすいシロタエギク、ヒューケラ、ハツユキカズラなど11種類の植物を採用。植栽パネルの間にはアルミルーバーを取り入れ、コスト低減を図るとともに、軽い印象と背後の硬質な建築壁面になじむよう努めた。一連の取り組みが、先駆的な緑化として評価された。

都市緑化機構は「地域的背景に基づき、100年前の海岸線を抽象的に表現した植栽デザインは、季節や時の経過とともに、姿を変える植物と海岸線の移ろいを表現している」と説明している。

同事務所の渡辺美緒代表は「今回いただいた賞は今後の社会インフラとはどうあるべきかを示す1つの指針になると捉えている。このような大きな賞をいただいたことは重要な意味を感じ、大変光栄に思う。緑の成長とともに、社会や人が物流施設を通じて広くつながっていく、そんな思いでデザインした」とコメント。

ESRのスチュアート・ギブソン代表取締役は「市川DCでは新たなチャレンジとして壁面緑化を含めたランドスケープデザインを渡辺美緒デザイン事務所に依頼し、このような大変名誉な賞を通じて弊社が取り組んできた想いと素晴らしいコラボレーションを評価いただけたことを大変光栄に、うれしく思っている」との談話を発表した。


「ESR市川DC」の外観(以下、いずれもESR提供・クリックで拡大)


独特なデザインの園庭


植栽パネル


壁面緑化の様子


植栽のレイアウト


舗装パターン

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事