新型コロナウイルス感染症への対応について

白洋舎、トーカイと物流合理化や調達効率化で提携

白洋舎、トーカイと物流合理化や調達効率化で提携

店舗やオフィス向けのマット・モップレンタル事業

クリーニング大手の白洋舎は10月29日、店舗やオフィス向けのマットやモップのレンタルなどを担う「ダストコントロール事業」に関し、「リースキン」ブランドで展開している同業のトーカイ(岐阜市)と業務提携すると発表した。

使い捨て商品の普及などによる市場成熟化や新型コロナウイルス感染拡大で経営環境が厳しい中、両社が連携して物流の合理化や資材・原材料の調達効率化などを目指す。新たな商品・サービスの開発、人材交流・育成でも協力する。

白洋舎の2020年6月中間連結業績はコロナ禍でクリーニングの店舗休業を強いられたことや、ホテルへのリネンレンタルが不振だったことなどが響き、売上高が前年同期比16・8%減の203億円、営業損益は20億4600万円の赤字と低迷している。

(藤原秀行)

経営/業界動向カテゴリの最新記事