新型コロナウイルス感染症への対応について

丸紅とZMPの合弁会社、成田空港で貨物牽引車の自動運転実証実験

丸紅とZMPの合弁会社、成田空港で貨物牽引車の自動運転実証実験

グランドハンドリング業務の省人化目指す

ZMPは10月26日、同社が丸紅と合弁で設立したAiROが、成田空港の制限区域内で、自動走行の貨物牽引車による旅客の手荷物や貨物の輸送に関する実証実験を行うと発表した。

11月10~12日の間、日本航空(JAL)の協力を得て、貨物牽引車が成田空港第2ターミナル本館からサテライトおよび駐機場までの区間を、運搬用コンテナ4台を牽引して往復。複数のセンサーで自己位置や周囲の状況を認識しながら、事前に取得した高精度走行マップに沿って自動走行する。

AiROは国土交通省が推進している「空港制限区域内の自動走行に係る実証実験」の一環として、2019年から計3回、ミニバンやバスを用いて空港制限区域内の自動走行実証実験を行ってきた。今回は新たに開発したZMP製の「CarriRo Tractor 25T(キャリロトラクター)」を使い、初めて貨物牽引車の自動走行に踏み切る。

空港内のグランドハンドリング(地上支援)業務も労働力不足が進む中、貨物牽引車による旅客手荷物や貨物の輸送は運行頻度が高く、作業員を長時間拘束するため、省人化効果が高いと見込まれている。ZMPは「将来の航空需要の回復を見据え、効率的な空港オペレーションの実現に向けた技術検証と課題抽出を進めていく」とコメントしている。


実験に用いる「CarriRo Tractor 25T」(ZMPプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事