新型コロナウイルス感染症への対応について

ファミリーマート、東京都内10店舗でmenuのアプリ活用した商品配達を開始

ファミリーマート、東京都内10店舗でmenuのアプリ活用した商品配達を開始

食品や飲料品、日用品、酒類など約300品が対象

ファミリーマートはこのほど、menu(東京都新宿区四谷)が展開している宅配アプリ「menu(メニュー)」を活用し、商品を指定場所に配達するサービスを東京都内の10店舗で開始したと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で宅配ニーズが高まっているのに対応する。

同アプリは加盟店の料理を注文すれば店で直接受け取ったり、配達してもらったりすることが可能。9月現在で約3万6000店舗が加盟している。

ファミマの対象店舗では食品や飲料品、日用品、酒類など約300品を取り扱い、午前10時から午後10時までをサービス提供時間と設定。11月1~7日の間はキャンペーンとして、代金が1500円以上の配達に関しては配達料が無料。月額制の「menu pass」会員には追加特典として300円分のクーポンを進呈している。

(藤原秀行)※写真はファミリーマート提供

その他カテゴリの最新記事