画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

センコーGHD、傘下の物流事業会社4社がEV導入

センコーGHD、傘下の物流事業会社4社がEV導入

専用ロゴも制定、環境対応強化

センコーグループホールディングス(GHD)は1月17日、傘下の物流事業会社4社(センコー、野田センコーロジサービス、プリティポーターズ、江坂運輸)が軽自動車5台、小型トラック1台の電気自動車(EV)を導入したと発表した。


今回導入した電気自動車(センコー 小牧支店)

センコーグループは東京納品代行が2014年に軽自動車のEVを、19年に小型トラックのEVをそれぞれ導入している。地球温暖化対策の機運が高まっているのを考慮し、グループ全体でEV導入を加速し、社外PRを強化するため専用ロゴを制定し、グループ4社がEVを取り入れた。

新車両は21年10月から22年2月にかけて、東京、千葉、愛知、岐阜、大阪、兵庫を中心に運行を順次開始し、小口配送事業などで活用していく予定。


専用ロゴデザイン(左から電気トラック用、電気軽自動車用)

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

その他カテゴリの最新記事