新型コロナウイルス感染症への対応について

鴻池運輸、抗菌・抗ウイルス施工サービスを開始

鴻池運輸、抗菌・抗ウイルス施工サービスを開始

ニチリンケミカルと代理店契約締結、年明け以降は外部に提供へ

鴻池運輸は11月9日、建物内の抗菌・抗ウイルス施工サービスを10月に始めたと発表した。

消臭や抗菌、防カビ、抗ウイルスなどの効果を持つ独自の手法「空気触媒セルフィール」を手掛けているニチリンケミカル(大阪市北区)と施工代理店契約を10月19日付で締結した。鴻池運輸内に設けた専門チームが施工技術者を育成する計画。

新型コロナウイルスの感染拡大で、公共施設など人が多く集まる場所の抗菌・抗ウイルス施工のニーズが高まっているのに対応する。

セルフィールは空気中の水分に反応して有害物質を無害化する成分を生成する触媒機能を有しており、光が届きにくい場所や空間でも効果を発揮し、5年程度持続できるという。人体にも無害のため、幼稚園や病院で施工実績を重ねている。

当初は鴻池運輸グループの施設へ施工を行い、2021年1月以降は顧客の現場など外部にサービスを提供したい考え。


抗菌施工の様子(鴻池運輸提供)

(藤原秀行)

災害/不祥事カテゴリの最新記事