新型コロナウイルス感染症への対応について

日本通運、タイ発日本向けBCP対応用の陸海連携輸送サービスを開始

日本通運、タイ発日本向けBCP対応用の陸海連携輸送サービスを開始

スペース・コンテナ不足受け確実なルート確保、最短14~16日と想定

日本通運は11月17日、トラック輸送と海上輸送を組み合わせたタイ発日本向けのBCP対応用輸送サービス「NEX OCEAN-SOLUTION XROSS BORDER Direct」を同日発売すると発表した。

タイからマレーシア・ポートケラン経由とシンガポール経由の2種類のルートを設定。いずれも越境のトラック輸送と海上輸送を連携させており、バンコクから東京港までのリードタイムは最短で前者が16日、後者が14日と想定している。

本船のスペース不足やコンテナ不足が続くタイ発貨物に関し、輸送ルートを確保し、安定した物流を提供する。同社がHouse Waybill(運送状)を発行し、発地から着地まで一貫して輸送責任を明確化する。


サービスの概要(日本通運プレスリリースより引用・クリックで拡大)

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事