新型コロナウイルス感染症への対応について

ヤマト、メルカリの商品発送で置き配対応開始へ

ヤマト、メルカリの商品発送で置き配対応開始へ

11月19日午後1時以降の分に適用、利便性向上図る

ヤマト運輸は11月18日、フリーマーケット(フリマ)大手のメルカリ向けに提供している商品発送サービス「らくらくメルカリ便」で、ヤマトのEC事業者向け配送サービス「EAZY(イージー)」の利用を可能にすると発表した。

同19日の午後1時発送分から適用する。EAZYは通販ユーザーがECサイトで購入した商品を通常の対面受け取り以外に、自宅の玄関ドア前など指定した場所で好きな時に受け取ることができる「置き配」に対応。さらに、配達の直前までウェブサイト経由で受け取る場所を変更できるのが特徴だ。

新型コロナウイルスの感染拡大で非対面の受け取りを求める声が消費者の間で高まっていることなどを踏まえ、フリマの購入商品も置き配に対応し、フリマの利用をより広げていきたい考え。EAZYをCtoC(個人間取引)に導入するのは今回が初めて。

フリマユーザーは玄関ドア前のほか、自宅宅配ボックスやガスメーターボックス、物置などの中から選択できるようになる。


置き配で指定可能な場所の一覧(ヤマト運輸資料より引用・クリックで拡大)

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事