メルマガの配信元アドレスが変更となりました

ESRが初の国内機関投資家向け物流施設対象私募リート運用開始、5年で1000億円まで資産規模拡大目指す

ESRが初の国内機関投資家向け物流施設対象私募リート運用開始、5年で1000億円まで資産規模拡大目指す

自社グループ開発の中規模物件対象、埼玉・川島など3件でスタート

ESRは11月30日、同社が開発した物流施設を投資対象とする私募リート「ESRリート投資法人」の運用を開始したと発表した。同社グループが私募リートを日本の機関投資家向けに組成するのは初めて。

対象はESRグループが開発した案件のうち、原則として延べ床面積が5万平方メートル以上、築5年以下で安定稼働している中規模物件に設定。実際の運用はESRの100%子会社ESRリートマネジメントが担っている。

最初の運用案件として、埼玉県川島町でESRが開発した物流施設「レッドウッド川島ディストリビューションセンター(DC)」を11月25日付でESRリートに譲渡。併せて、千葉県成田市の「レッドウッド成田DC」の準共用持ち分50%もみずほ丸紅リースから取得した。

ESRリートは既に名古屋市の「レッドウッド名古屋南DC」の準共有持ち分も取得しており、3物件での運用スタートとなる。取得額など取引の詳細はいずれも開示していない。資産規模は今年11月末時点で約150億円と見込んでおり、今後5年間で約1000億円まで拡大させたい考えだ。


「川島DC」の外観(ESR提供・クリックで拡大)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事