LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

ESRが埼玉・久喜の大型物流施設をメディアに公開

ESRが埼玉・久喜の大型物流施設をメディアに公開

延べ床面積15万1501平方メートル、東京理科大跡地で完成

 ESRは11月1日、埼玉県久喜市で完成した新たなマルチテナント型物流施設「久喜ディストリビューションセンター」(DC)をロジビズ・オンラインなどのメディアに公開した。

 東北道の久喜ICから2・5キロメートルの東京理科大跡地に位置し、地上4階建て、延べ床面積15万1501平方メートル。

 公開時点で全体の約3割の面積で入居企業が確定済み。同社は詳細を開示していないが、大手3PL事業者という。

 久喜DCはBCP(事業継続計画)のニーズに対応し、非常用電源設備などを採用したほか、受変電設備は地面より1メートル超高い位置に置き、大雨などで浸水しても支障を来さないよう配慮した。

 また、従業員が働きやすい環境を整えるため、無料Wi-Fiを備えたラウンジや託児所を併設。安全面でも、大型トラックと普通車の出入り口や動線を分け、交差しないようにして事故回避に努めている。

 同社は完成に際し、敷地の一部(2259平方メートル)を地元の久喜市に無償で譲渡。併せて、久喜DCを災害時に一時避難施設として提供する協定を同市と締結した。

(藤原秀行)


「久喜DC」の全景(ESR提供)

明るい印象のラウンジ

託児所

災害時の協定を締結した(左から)スチュアート・ギブソンESR代表取締役と梅田修一久喜市長(同社提供)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

ESRカテゴリの最新記事