メルマガの配信元アドレスが変更となりました

ECの物流など包括支援のいつも、12月21日に東証マザーズ上場

ECの物流など包括支援のいつも、12月21日に東証マザーズ上場

顧客企業の成長に合わせた最適なサービス提供

ECの包括支援を手掛けるいつも(東京都千代田区有楽町)が12月21日、東証マザーズに上場する。

2007年に船井総合研究所(現船井総研ホールディングス)出身の坂本守氏(現社長)らが設立。企業が自前のウェブサイトでEC事業を展開する際に営業戦略の立案などをサポートする「ECマーケティングサービス」と、ECの参入から物流、バックヤード業務などを代行する「ECマーケットプレイスサービス」が柱。越境ECも手掛ける。ECの成長に合わせて最適な物流サービスを提供する「コネクトロジ」を展開している。

20年3月期の単独売上高は前期比19・5%増の52億円、純利益は約2倍の1億4300万円だった。21年3月期は売上高が53・8%増の80億円、純利益は約2・4倍の3億5000万円を見込む。上場で調達した資金は情報システムへの投資などに充てる。

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事