メルマガの配信元アドレスが変更となりました

トクヤマや商船三井グループなど、内航海運の脱炭素化へ水素燃料船舶の商用運航目指す

トクヤマや商船三井グループなど、内航海運の脱炭素化へ水素燃料船舶の商用運航目指す

温室効果ガス排出157万トン削減の目標達成目指す

イコーズ、商船三井テクノトレード、商船三井内航、トクヤマ、本瓦造船の5社は8月30日、水素を燃料とした貨物船舶を活用した次世代型内航船の商用運航を実現するプロジェクト「SHE’S」(シーズ)の推進に向け、基本合意書を締結したと発表した。

国土交通省の主導により、内航海運領域は2030年度までにCO2排出量を13年度比で157万トン削減することを目標に掲げ、省エネ船舶の普及を図っている。内航船舶の脱炭素化を進める上で重要な取り組み課題の1つと捉えられている水素燃料貨物船の実用化を目指し、下記の内容に関して検討する。

5社は今後プロジェクトを進めていく中で、他の企業・団体などにも参加を働き掛けていく方針。

※以下、プレスリリースより引用(一部、編集部で修正)

1.プロジェクト名称: SHE’s(シーズ)
*Ships powered by Hydrogen Energy(水素燃料船)と、Seeds(種=これから大きく育っていく水素燃料利活用の最初の姿)、および Seas(海での水素の利活用)という意味

2.プロジェクト目的:
・水素燃料貨物船の導入および実装の検討(船舶の仕様の検証、関連法規の調査・整理)
・船舶への燃料供給方法およびエネルギーマネジメントシステムの検討
・導入する技術に関するリスクマネジメントの検討
・トレードオフ関係にある物流コストと環境コストの調和検証

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

その他カテゴリの最新記事