LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

阪急阪神エクスプレスがインドネシアに第2倉庫開設

阪急阪神エクスプレスがインドネシアに第2倉庫開設

延べ床5056平方メートルで一般倉庫のスペース拡張

 阪急阪神エクスプレスは11月5日、インドネシア現地法人「阪急阪神ロジスティクス インドネシア」が10月1日に首都ジャカルタ近郊のMM2100工業団地内で第2倉庫を開設したと発表した。

 同地では既存倉庫(平屋建て、延べ床面積約1万2000平方メートル)が主力の自動車部品関連や電子部品、医療機器、日用品など幅広い種類の貨物を取り扱っているほか冷蔵・冷凍倉庫業の許可も取得。また保税物流センター(PLB)構築を進めている。

 今回は一般倉庫のスペース拡張を目的に延べ床面積5056平方メートルの施設を増築した。

(鳥羽俊一)


第1倉庫の外観(阪急阪神エクスプレスホームページより)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事