メルマガの配信元アドレスが変更となりました

シャープ子会社、トラック荷室内の温湿度をリアルタイムで管理可能なソリューション提供開始

シャープ子会社、トラック荷室内の温湿度をリアルタイムで管理可能なソリューション提供開始

クラウドでデータ共有し異常を早期検知、HACCP対応支援

シャープ子会社でIoT(モノのインターネット)を活用した各種サービス開発などを手掛けるAIoTクラウド(東京都江東区豊洲)は1月8日、トラックの荷室内の温湿度をリアルタイムで管理できるソリューションの提供を始めたと発表した。

温湿度センサーやGPS端末、通信機器などを組み合わせ、トラックの現在位置と温湿度のデータをクラウドのデータベースに送信。異常があった場合はすぐに検出できるようにする。トラックに加えて、保冷ボックスや配送カートにも使うことが可能。

改正食品衛生法に基づき、食品事業者らは6月からHACCP(危険度分析による衛生管理)に沿って運搬も含めた全工程で衛生管理体制を整備することが義務付けられる。医薬品も適正な流通に関する国際基準GDPに準拠した輸送が求めらていることなどから、AIoTクラウドは新たなソリューションで適正管理を支援していきたい考え。2021年中に5000件程度のサービス提供を目指す。

併せて、AIoTクラウドは旭化成と協業し、新たなソリューションを活用した保冷ボックス輸送中の温湿度データ取得と鮮度算出に関する本格的なサービス展開に向け、検証を進める計画。


ソリューションのイメージ(AIoTクラウドプレスリリースより引用・クリックで拡大)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事