メルマガの配信元アドレスが変更となりました

トランコム、長野市に物流情報サービスDX化の拠点を新設

トランコム、長野市に物流情報サービスDX化の拠点を新設

受領書処理を電子化、ビッグデータ分析も

トランコムは1月21日、長野市に新たな物流拠点「TRANCOM Logistics Data LAB」を開設したと発表した。

荷物とトラックのマッチングを担う物流情報サービスの高度化に向け、国内40の情報センターで手掛けていた受領書処理業務を新拠点に集約。ペーパーレスの電子化を促進する。

併せて、同サービスを通じて蓄積してきたトラック運行実績などのビッグデータ分析も新拠点が担い、各情報センターのサービスレベルアップや生産性向上につなげ、同サービス全体のDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現していく構想。

新拠点のオフィスには地域住民らとの交流のためのスペースも備えている。


地域住民らとの交流スペースを備えたオフィス(トランコムプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事