メルマガの配信元アドレスが変更となりました

ヤマエ久野、ZMPの台車型物流支援ロボットを物流センターに採用

ヤマエ久野、ZMPの台車型物流支援ロボットを物流センターに採用

1カ月で作業員の歩行300時間削減に

ZMPは1月28日、食品卸大手のヤマエ久野が昨年10月に新設した物流センターで、ZMP製の台車型物流支援ロボット「CarriRo(キャリロ)AD」を8台導入したと発表した。

ロボットは庫内の商品搬送に活用。庫内作業員の1日当たり歩行距離をトータルで30キロメートル削減、1カ月では300時間、50人分相当の歩行抑制につながっているという。

現在はヤマエ久野の2拠点に採用しており、他の拠点への横展開も計画している。


ヤマエ久野拠点でのロボット活用イメージ(ZMPウェブサイトより引用)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事