新型コロナウイルス感染症への対応について

日鉄住金物産がアパレル向けIT開発企業に出資

日鉄住金物産がアパレル向けIT開発企業に出資

新たな一貫サプライチェーンモデルを構築へ

 日鉄住金物産は11月12日、アパレル向けシステムベンダーのSYMBOL(東京・千代田区)へ第三者割当増資引き受けによる出資を行ったと発表した。IT技術を活用したアパレル製品の新たな一貫サプライチェーンモデルを構築するのが狙い。

 SYMBOLはアパレルおよびフィットネス産業向けの3Dスキャニング、リアルサイズバーチャルフィッティングシステム開発、サイズクラウドシステム、人工知能(AI)を駆使した人体・体型のサイジングアルゴリズムデータベースの開発に強みを持ち、大手スポーツブランドや大手フィットネスクラブなどで導入されている。

 日鉄住金物産は長年にわたるOEM(相手先ブランドによる生産)ならびにODM(独自デザイン生産)の実績から製造~物流に至る優れたノウハウを保有。今出資を契機にアパレル製品の企画段階におけるIT技術と繊維業界におけるネットワークを融合し、新たなサプライチェーンモデルの構築を通じて業界ポジション確立を図る考え。

(鳥羽俊一)

経営/業界動向カテゴリの最新記事