メルマガの配信元アドレスが変更となりました

楽天と西友、大阪・茨木で大和ハウス開発の物流施設をネットスーパー向けに1棟借りへ

楽天と西友、大阪・茨木で大和ハウス開発の物流施設をネットスーパー向けに1棟借りへ

21年中の稼働開始予定、自動化設備も導入し当日配送枠拡充図る

楽天と西友は2月16日、両社が共同で運営しているインターネットスーパー「楽天西友ネットスーパー」向けの物流拠点を新たに大阪府茨木市で開設すると発表した。

大和ハウス工業が開発した物流施設「DP茨木」を1棟借りし、専用施設として活用する。同施設は地上4階建て、延べ床面積は6万809平方メートルで、2021年中の稼働開始を予定している。

新施設は名神高速道路の吹田JCTから約1・8キロメートルに位置し、JRなどの大阪駅からは15キロメートル圏内。大阪、兵庫、京都、奈良の一部のエリアを配送対象とする計画。

新型コロナウイルスの感染拡大でEC需要が高まる中、楽天と西友のネットスーパーも昨年10~12月の売り上げが前年同期比約4割増と利用が伸びているため、新施設を生かして関西地域の商品出荷能力を強化する狙い。

新施設は常温、冷蔵、冷凍の3温度帯で商品保管に対応するほか、搬送などの自動化設備を導入し、倉庫内作業を効率化。当日配送枠を拡充し、関西地域の供給能力強化とサービスの利便性向上につなげる。

楽天と西友のネットスーパーは今年1月、横浜市で最大3万~4万アイテムの取り扱いが可能な専用物流センターの稼働をスタート。自動化設備を導入し、既存の千葉県柏市の物流拠点のオペレーションより約60%の省人化が実現した。


新拠点が入る「DPL茨木」の外観(楽天・西友プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事