画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

ニチレイロジ傘下のキョクレイ、横浜の本牧ふ頭で3・1万トンの新拠点稼働

ニチレイロジ傘下のキョクレイ、横浜の本牧ふ頭で3・1万トンの新拠点稼働

自動運転フォークリフトやパレット自動庫など先端技術を積極導入

ニチレイロジグループ本社は3月1日、傘下のキョクレイが横浜市の本牧ふ頭で建設を進めてきた新拠点「本牧物流センター」が同日稼働を開始したと発表した。

新拠点は地上4階建て、設備能力は3万773トン(F級8812トン、FC級兼用 7756トン、C級1万4205トン)で冷蔵倉庫部分は免震構造を導入した。首都高速道路神奈川3号狩場線の新山下ICから約1・3キロメートルに位置。キョクレイが強みとしている乳製品や果汁原料のニーズに対応することを重視している。保管能力は旧来の山下物流センターから7575トン拡大した。

高効率自然冷媒(NH3/CO2)冷凍機やLED照明を採用して環境負荷の低減を図るとともに、入退室者の体表面温度測定を兼ねた顔認証システムでセキュリティー機能を向上。冷蔵温度対応の自動運転フォークリフトやパレット自動庫、移動ラックなど先端技術も積極的に取り入れている。

収容パレット数は1万7313枚(うち自動庫は4200枚)と設計。FC級兼用庫腹と多温度帯に対応した小部屋保管庫を駆使し、きめ細かな温度管理サービスを提供できるよう配慮。輸配送機能の面では、周辺既存拠点との輸配送網の構築、グループ会社のNKトランスの事業所を設置することによる運送機能の強化、トラック予約システム導入による車両待機時間の短縮をそれぞれ図る計画。

ニチレイロジグループ本社の梅澤一彦社長は竣工に際し「冷蔵温度帯対応の自動運転フォークリフトは稼働時に2台を導入し、自動倉庫と連携することで冷蔵庫から荷さばき場までの一連の搬送作業の一部自動化を実現した。今後、この成果を生かしながら自動化の範囲を拡大していく計画」とコメント。高機能物流センターとして能力を発揮させていくことに意欲を示した。


新拠点の外観(以下、いずれもニチレイロジグループ本社提供)


自動運転フォークリフト


パレット自動庫

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事