メルマガの配信元アドレスが変更となりました

新東名道でトラックの後続車無人隊列走行を実現

新東名道でトラックの後続車無人隊列走行を実現

国交・経産両省が発表、時速80キロメートルで間隔9メートル確保

国土交通、経済産業の両省は3月5日、高速道路でのトラックの後続車無人隊列走行を実現したと発表した。政府は2020年度中の達成を目標に掲げていた。

両省によると、2月22日に新東名高速道路の静岡県内の遠州森町PA~浜松SA間約15キロメートルで実施。後続車の運転席を実際に無人とした状態で3台のトラックが隊列を組み、時速80キロメートルで車間距離は約9メートルを取って走ることに成功した。後続車の助手席には、異常事態に備えて予備のドライバーが乗り込んでいた。実際の実験は豊田通商が受託し行っている。

政府は「25年度以降の高速道路でのレベル4(特定の環境下で人が運転にタッチしない)自動運転トラックの実現を目指す」ことを成長戦略で打ち出している。引き続き、トラックメーカーなどと連携して自動運転トラックの運行管理システム開発など、実用化に向けた取り組みを進める方針。

実際の走行シーンは経産省のYouTube公式チャンネルで3月8日に公開する予定。


本線で後続車無人隊列走行する様子(国交・経産両省発表資料より引用)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事