画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

ジョイゾー、アルコール検知器「KAOIRO+」と業務支援ソフト「kintone」連携させる管理サービスの新エディション提供開始

ジョイゾー、アルコール検知器「KAOIRO+」と業務支援ソフト「kintone」連携させる管理サービスの新エディション提供開始

顔認証機能を装備、なりすまし防止を可能に

サイボウズのクラウド型業務支援ソフトkintone(キントーン)のアプリ開発支援などを手掛けるジョイゾーは11月8日、道路交通法施行規則の改定に対応したアルコールチェック管理サービス「ちぇっかる」に関し、LED TOKYO(東京都渋谷区千駄ヶ谷)が提供する顔認証検温機能付きアルコール検知器「KAOIRO+(カオイロプラス)」とkintoneを連携させる「デバイス連携エディション」をリリースすると発表した。


(ジョイゾー提供)

「KAOIRO+」から登録された検査記録はkintoneのアプリ上に蓄積。アルコール検知の結果以外にも、体温測定結果や顔写真、検査時間などの情報も自動的に連携される。

また、「KAOIRO+」にはマスクを着用したままで正確な顔認識が可能な顔認証システムを装備。ちぇっかるでは認証されたユーザ情報とkintoneのユーザー情報をひも付けることが可能で、別人によるなりすましで検査をすり抜けるのを防げるとみている。

営業車両に乗車する前に、KAOIRO+を用いてアルコールチェックを実施できると想定。会社が保有している車だけでなく自家用車を用いて作業員の送迎や資材運搬を行っている場合もアルコールチェックの対象となるため、営業所に設置することで、建設作業現場に作業員を送迎する際、手軽にアルコールチェックを行えるようになると見込む。

提供価格
初期費用:0円
導入サポート:100,000円
月額プラン:17,500円/月
年額プラン:192,500円/年
実機費用:297,000円
※価格は全て税別。実機費用は「KAOIRO+」の買い取り価格

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事