メルマガの配信元アドレスが変更となりました

ダイヤモンド・リアルティ、米国の賃貸住宅や物流施設に投資するみずほリース専用ファンドを組成

ダイヤモンド・リアルティ、米国の賃貸住宅や物流施設に投資するみずほリース専用ファンドを組成

投資規模は330億円、既に2件の持ち分取得

三菱商事傘下で私募リート運用を手掛けるダイヤモンド・リアルティ・マネジメント(DREAM)は3月11日、北米の賃貸住宅や物流施設野開発に投資するためのみずほリース専用ファンド(セパレートアカウント)を組成したと発表した。

北米三菱商事の100%子会社で不動産投資を担っているダイヤモンドリアルティインベストメンツが手掛ける開発事業に、専用ファンドが持ち分50%未満で共同出資する。DREAMが同じく北米三菱商事子会社で不動産運用を担当しているダイヤモンドリアルティマネジメントアメリカと連携しながら、投資運用業務を進める。

専用ファンドは投資規模が約3億ドル(約330億円)、運用期間は原則約3年と設定。既に米アリゾナ州スコッツデールの賃貸住宅とメリーランド州エルクトンの物流施設の計2件、総事業費が計約1億3300万ドル(約145億円)の開発案件の共同投資持ち分を取得している。


物流施設の完成イメージ(DREAM提供)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事