メルマガの配信元アドレスが変更となりました

ルネサス工場火災、1カ月以内の生産再開目指す

ルネサス工場火災、1カ月以内の生産再開目指す

自動車の生産に影響不可避

ルネサスエレクトロニクスは3月21日、生産子会社のルネサスセミコンダクタマニュファクチュアリングが茨城県ひたちなか市に構えている那珂工場で同19日に起きた火災に関し、1カ月以内の生産再開を目指すと発表した。

当該ラインで製造していた製品の3分の2程度は自社工場などで代替生産が可能だが、昨今の半導体需給の逼迫で、全てを即時に代替生産するのは厳しい状況という。売り上げへの影響は月額約170億円に上ると見込む。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

火災が生じた生産ラインは自動車の走行制御装置向け半導体を製造しており、自動車メーカーの生産に影響が出るのは避けられそうにない。

ルネサスエレクトロニクスによると、火災は3月19日午前2時47分に那珂工場のN3棟の一部工程で発生、同日の午前8時12分ごろ鎮火した。警察と消防の現場検証により、火元はN3棟1階で先端品を扱う300ミリラインのめっき装置と特定。過電流が原因で発火したとみられるが、詳しい経緯は引き続き調査している。

火災による人的被害や建屋の被害はなかったが、純水供給装置や空調装置など一部用役設備および一部製造装置に被害を確認。焼損面積は600平方メートルと、N3棟1階のクリーンルーム全体(1万2000平方メートル)の約5%に相当し、焼損装置も11台でN3棟の全製造装置の約2%に当たる。

(藤原秀行)

災害/事故/不祥事カテゴリの最新記事