メルマガの配信元アドレスが変更となりました

センコー、長距離幹線輸送の新サービス「物流バス」を4月開始へ

センコー、長距離幹線輸送の新サービス「物流バス」を4月開始へ

始着場所以外にも積み下ろし可能、貸し切りやエクスプレスなどラインアップ拡充

センコーは3月23日、新たな長距離輸送サービス「物流バス」を4月から九州~本州間で本格的に展開すると発表した。

事前予約すれば路線バスのように、気軽に使える形式を採用。20トンのウイングシャーシを使い、ユーザーの荷物量に合わせて搭載スペースを販売する。始発終着場所の他に、「停留所」として荷物積み替え場所(港など)でも積み下ろしを受け付けるなど、複数の荷主企業がさまざまな色々な場所で乗り降りできるよう配慮する。

小口や中ロット、異形物、重量物などスペース内に収まる限りは輸送を受け付ける。「乗り合いバス」のほか、「貸し切りバス」やリードタイム優先の「エクスプレスバス」、料金優先の「エコノミーバス」、船・鉄道利用などの環境優先の「エコバス」など多様なラインナップをそろえる。

グループ内の連携強化へ荷物と輸送インフラの情報を一元管理する「集中配車センター」を関東、関西、九州地区に開設し、物流バスの物量確保と効率的な運行を図る。


九州発関東着の輸送イメージ(センコープレスリリースより引用)

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事