メルマガの配信元アドレスが変更となりました

大和ハウス工業、宮城・利府町で4・9万平方メートルのマルチテナント型物流施設開発へ

大和ハウス工業、宮城・利府町で4・9万平方メートルのマルチテナント型物流施設開発へ

22年3月竣工予定、東北全域含む広範囲カバー可能に

大和ハウス工業は3月30日、宮城県利府町で、マルチテナント型物流施設「DPL仙台利府」の工事を始めたと発表した。

鉄骨造の地上2階建て、延べ床面積は4万3460平方メートルを計画。竣工は2022年3月15日、入居開始は同16日をそれぞれ見込む。

仙台北部道路の利府しらかし台ICから約1キロメートルに位置し、東北自動車道の富谷JCTにもアクセスしやすく、東北全域を含む広範囲をカバーできると見込む。

最大6テナント、約6600平方メートルの区画から使える設計を採用する。2階の天井高は7メートルを確保し、4段ラックを導入できるようにする。


「DPL仙台利府」の完成イメージ(大和ハウス工業提供)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事