メルマガの配信元アドレスが変更となりました

CBREグローバルインベスターズ・ジャパン、長谷工と千葉で物流施設を共同開発へ

CBREグローバルインベスターズ・ジャパン、長谷工と千葉で物流施設を共同開発へ

6・5万平方メートル計画、23年6月竣工見込む

CBREグループで不動産の投資運用事業を担うCBREグローバルインベスターズ・ジャパン(CBRE GI)がマンション建設大手の長谷工コーポレーションと組み、千葉市内でマルチテナント型物流施設の開発に乗り出すことが分かった。

関係筋によると、このほど同市稲毛区で約3万2800平方メートルの用地を取得した。地上4階建て、延べ床面積約6万5300平方メートルの物流施設を建設、竣工は2023年6月を見込む。

東関東自動車道の千葉北ICから3・3キロメートル、京葉道路の穴川ICから約4キロメートル。JRの稲毛駅や四街道駅などからも近く、CBRE GIは労働力確保にも強みがある立地とみているもようだ。

CBRE GIは不動産投資ファンドを通じ、今回の案件を含めて今年6月までに物流施設6件を開発する計画という。

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事