メルマガの配信元アドレスが変更となりました

日本GLP、テナント企業の相談をワンストップで受け付ける「コンシェルジュサービス」を本格展開

日本GLP、テナント企業の相談をワンストップで受け付ける「コンシェルジュサービス」を本格展開

専用サイト開設、輸配送網整備や労働力確保などに対応

日本GLPは4月5日、物流施設のテナント企業からの物流に関する相談をワンストップで受け付け、対応する「コンシェルジュサービス」を本格的に展開すると発表した。専用のウェブサイトを開設した。

同サービスは昨年8月、トライアルで提供をスタート。需要が見込めるため、より対応を強化することにした。サービスの登録料や手数料は設定しておらず、同社開発の物流施設入居企業以外でも相談を受け付けている。

対象は主に物流拠点の最適化、輸配送、雇用支援、資材・備品(レンタル・売買)、自動化、施設運営の6領域を設定しているが、他の相談についても受け付ける。相談した企業に対し、パートナー候補の企業を紹介したり、新たなサービスを提案したりする予定。


専用ウェブサイトの画面

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事