メルマガの配信元アドレスが変更となりました

東急建設、物流倉庫などの外壁工事迅速化へ新工法開発

東急建設、物流倉庫などの外壁工事迅速化へ新工法開発

金属断熱サンドイッチパネルの下地をユニット化、部材引き上げ回数など低減

東急建設は4月28日、物流倉庫や工場などの大規模な建物の外壁工事を迅速化するための新たな工法を開発したと発表した。特許を出願中。

近年、断熱性・耐火性に優れるため外装材として採用されることが増えている金属断熱サンドイッチパネルに関し、下地となる胴縁材を事前に組み立てておく「ユニット化」を果たしたことで、工事の際に部材を引き上げる回数や取り付ける工数の低減を実現できるのが特徴。従来はクレーンで部材を1つずつ引き上げ、取り付けていた。

同社は組み立て精度の向上も見込めると説明。一連の作業を標準化し、対象現場で活用していく予定だ。


新工法の概要(以下、いずれも東急建設プレスリリースより引用)


引き上げの様子

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事