メルマガの配信元アドレスが変更となりました

商船三井、アンモニア海上輸送に再参入

商船三井、アンモニア海上輸送に再参入

大手トレーダーと定期傭船契約、クリーン燃料などのニーズ見込めると判断

商船三井は5月18日、35,000cbm型アンモニア/LPG輸送船グリーンパイオニアによるアンモニア輸送事業への再参画を決定し、大手アンモニアトレーダーのTrammo社との定期傭船契約を締結したと発表した。

商船三井は2016年までアンモニア輸送に従事していたが、契約締結で同事業に再度参入する。

アンモニアは主に肥料原料向けに広く世界で利用されており、人口増加に伴う食糧生産の拡大による需要増加が見込まれているほか、燃焼時に二酸化炭素を排出しない次世代のクリーン燃料として、さらには高効率で水素を輸送できる「水素キャリア」として、近年注目を集めている。商船三井は今後、輸送のニーズが見込めると判断した。

グリーンパイオニア(Green Pioneer)要目
・全長:173.70 m
・全幅:28.00 m
・満載喫水:10.419 m
・貨物タンク容量:34,500 m3
・竣工年:2010年8月
・建造造船所:現代重工尾浦工場
・船舶管理会社:MOL Tankship Management Pte. Ltd.

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

その他カテゴリの最新記事