メルマガの配信元アドレスが変更となりました

安川電機、パレタイジング用途ロボットに可搬質量80キログラムモデルを追加

安川電機、パレタイジング用途ロボットに可搬質量80キログラムモデルを追加

安川電機は5月20日、新型パレタイジング用途ロボット「MOTOMAN-PL」シリーズの新たなラインアップとして「MOTOMAN-PL80」(可搬質量80キログラム、最大リーチ2061ミリメートル)の販売を同日開始すると発表した。

ラインアップ拡充により、MOTOMAN-PLシリーズは可搬質量を80キログラム、190キログラム、320キログラム、500キログラム、800キログラムと幅広くカバーする5機種展開となる。

今回販売開始するMOTOMAN-PL80は、比較的軽量な製品の積載に最適なロボットとして使い勝手を追求し、従来のMOTOMAN-MPL80Ⅱと比べて動作速度や手首軸の許容負荷を向上させている。

このロボットアームの設計上の使いやすさに加えて、同シリーズ機種と同様に操作性の使いやすさを追求したロボットコントローラ「YRC1000」に対応させることで、ロボットのパフォーマンスを最大限に引き出すとともに、電源回生機能による省エネ性能の向上や省配線によるメンテナンス性の向上を実現しており、最適なパレタイズシステムの構築に貢献する。

主な用途としては菓子や紙製品などが入った比較的軽量な段ボール、本や結束されたちらしなどの印刷物の積載などを想定している。

(画像はプレスリリースより引用)

(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事