メルマガの配信元アドレスが変更となりました

佐川グローバルロジ、使用済みユニフォームを自動車内装へリサイクル

佐川グローバルロジ、使用済みユニフォームを自動車内装へリサイクル

環境意識高まり踏まえ、今年度中に1トン再生利用予定

SGホールディングス(HD)傘下で3PL事業などを手掛ける佐川グローバルロジスティクス(SGL)は5月26日、使用済みのユニフォームを裁断・加工し、自動車内装用原料としてリサイクルする取り組みを開始したと発表した。

近年、古着の海外輸出は増加傾向にあるが、いまだにその多くは国内で産業廃棄物として処分されている。これまでSGLも使用済みユニフォームを産業廃棄物として処理してきたが、環境意識の高まりを踏まえ、リサイクル事業者と連携し再生利用に踏み切った。

使用済みユニフォームは、回収事業者によって回収・洗濯後、指定リサイクル工場で細かく裁断して綿や毛状の「反毛」と呼ばれる単繊維に戻し、最終的にフェルトへと加工される。フェルトは自動車内装用原料として、主に国内自動車メーカーで新車のマット材などとして再生利用。また、廃車される車の一部からもマット材などの繊維は回収され、再生防音材としてさらに再利用されている。

この取り組みにより、同社ユニフォームの100%リサイクルが可能になり、今年3月の取り組み開始から既に約80キログラム(約300枚)の使用済みユニフォームを自動車内装用原料として再生した。今後も継続してリサイクルを行い、本年度中には約1トンのユニフォームを再生利用させる予定。

(画像はプレスリリースより引用)

(ロジビズ・オンライン編集部)

その他カテゴリの最新記事