LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

Hacobu、物産ロジにクラウド車両管理システム「MOVO」提供

Hacobu、物産ロジにクラウド車両管理システム「MOVO」提供

埼玉センターでバースの効率的管理に活用

 トラックの運行管理システムなどを手掛けるベンチャーのHacobuは11月27日、三井物産傘下の物流会社、物産ロジスティクスソリューションズが 埼玉県朝霞市で展開している物流拠点「埼玉センター」向けに、クラウドベースの車両管理システム「MOVO(ムーボ)」の提供を開始したと発表した。


MOVOのバース管理ソリューションを利用している埼玉センター(Hacobu提供)

 当初はMOVOの機能の1つ「バース管理ソリューション」を使い、センター入場時間の事前予約などを可能にすることで、トラックの待機時間削減や庫内作業効率化を図る。現場の要望に応じて、MOVOの機能改善を図っていく構えだ。

 埼玉センターは大手コンビニエンスストアに弁当容器や材料を供給しており、多い時で1日100台以上のトラックが出入りしている。HacobuはMOVOを駆使して電子化を進められるとアピールしている。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事